ページナビゲーション

2011年3月8日火曜日

サブウェイがマックを抜いて世界一位に

アメリカでサンドイッチ大手サブウェイの世界店舗数が、ファストフード最大手の米マクドナルドを抜き、飲食店チェーン世界一の座を初めて獲得した。
 マクドナルドによれば、2010年末時点の店舗数は3万2737店。一方、サブウェイは世界95カ国・地域で3万3749店に達し、1965年に米コネティカット州に1号店をオープンして以来、45年でチェーン店王者となった。
日本でも着実に店舗数を伸ばしており、ボリューム感があり、リーズナブルな商品があり人気が沸いてきている。
大食気味になってきている日本人が多くなってきている近年、ボリュームのないファーストフードは毛嫌いされるかもしれませんね。