ページナビゲーション

2011年2月3日木曜日

ハンディミスト ナノタイム(nanoTime)が最安値3000円台で提供!

ハンディミスト ナノタイム(nanoTime) 最安値

ハンディミスト ナノタイム(nanoTime)を見に行く

市販の化粧水まで使えてこれは買うしかないでしょう!売れすぎて困っている商品です。
10000円もするハンディーミストでいいんですか?

全8色からお好きなカラーを。オフィスでも外出先でも潤い補充!ナノタイムはナノイオンテクノロジーを採用した携帯型美容器具です。専用付属ボトルに市販の化粧水を入れて頂き、気になる部分にご使用下さい

ハンディミスト ナノタイム(nanoTime)を見に行く

海外の金融機関がハッカーから攻撃?

日本の金融機関はハッカー攻撃の対策をしているのでしょうか?
日本では情報セキュリティセンターを設置しており、センターには5つのチームがあり(2010年現在)、ハッカー対策の立案、国際会合のFIRSTへの参加、政府統一基準の作成、サイバー攻撃の未然防止、ライフラインである重要インフラの防護など、官民一体となって取り組んでいる。
一応の対策や情報を管理している模様です。
しかしながら海外ではチョット違うらしいのです。

2011年1月31日の英紙タイムズ(Times)は、英米の証券取引所がハッカー攻撃を受けたとして、捜査当局に調査を依頼していると報じた。